« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

2010年10月15日

映画「大奥」

映画「大奥」

という具合に、きちんと真面目に見てきましたが、
ちいちの脳内はとても便利に都合良くできているので、
同時に激しく萌えまくり、妄想しまくり♪


ニノが頼まれて女性を抱くシーンで胸以下をシーツで巻いている姿を見て、
あぁ、腹出し禁止だよね、アンタは…と心の中で笑い、
ニノがお信にちゅーすれば、よしっ!と心の中でガッツポーズ。

ニノが男どもに襲われれば、よしっ!と心の中でガッツポーズ、
そしてそいつらを殴り倒すところでは、あぁ旦那にもそうやってつれなくしてるわけねと、ニヤリ。
ニノが垣添に「思い出をください」って言われて「はっ…!」てその意味に気づいてびっくり&困る顔を見れば、心の中で大爆笑。
さらっとちゅーしてあげるシーンを見て、よっしゃー!と心の中で万歳。

と、きちんといろいろに真面目に受け止めながらも、斜めにも見ていたわけですが、
それは仕方ないよね。
だって、ニノなんだもん。


ただ、鶴岡のたっちょんにはびっくり…
松島にしなだれている姿は、リアル通りの色気だだもれなので、
うんうんキレイにできてるね♪って大喜びだったけど、
松島に振られて道場で待ちかまえてたところは、狂気が感じられてビクッとした!
絞り出すように言った「死ね…!」は、涙すら誘う…、ぐすん。
男子大奥ならではの、可哀想な子を好演でした。

くっそー、これが公の映画じゃなければ(非公の映画ってあるのか!?)、
たっちょんはキレイに抱かれてくれたはずだよ(きっぱり)
うわー、それ見てぇー!

ラストは上様の粋な計らいの…で終わります。

そしてエンドロールに合わせて嵐の「Dear Snow」が流れます。
ニノソロから入り、旦那ソロになるのですが、
恐らくこれを見た旦那が上記ニノのシーンにどんな渋い顔をしたのか…とか想像すると、楽しくて仕方ない(笑)

さて、これを見たという、ちいちの親友(マツジュン担当)が、
「きゃー、いやーん」ってなったって言ってたんだけど、
どこに、だよ?

BLに慣れ親しみすぎたちいちには、もはやその感覚はありません。
つーか、一般に受け入れられる程度に表現されて、上手にできあがってましたけど?

大宮担当ではありますが、演技派のニノとして尊敬しているので、
どんなものもドンと来い!だな~

よしながさんファン&BLファンの、ここにお越しの方へ。
余力ありましたら、是非、劇場へ足をお運びください♪


2010年10月15日 23:29  « 前の記事 | TOP | 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumofu.hyper-hiro.com/sys/mt-tb.cgi/770

コメント

お久しぶりです~。「相変わらず」お元気そうでなによりです。(笑)

「大奥」、マンガで楽しんでます。
そうか~映画も面白かったんですね~。映画館へ行く機会はなかなかめぐって来ないかもしれませんが、レンタル出たら見てみようかしら。


投稿者 ふみまま : 2010年11月02日 17:27

ふみままさん
だいぶお返事が遅くなり、すみません…
そしてコメントをありがとうございましたm(_ _)m

相変わらず、です(苦笑)

それでも勢いがないとなにもできないし、
勢い余っていろいろやってますが、
やりすぎて疲れて、それを払拭するためにまた勢いつけて動いて…

その繰り返しです。
めんどくさいワタクシですが、温かく見守ってください♪

投稿者 ちいち : 2010年12月05日 16:37

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)