« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

2009年09月07日

男・色茶屋

意外にもこれが初絡みだそうで...!

BLCD 男・色茶屋
天城れの 2009/1  レディバグ

キャスト
菊花/緑川光、加賀/諏訪部順一、
千利/日野聡、狭山/鈴木達央

なんかたっつんが続くな~♪

昭和の香り漂う「純喫茶ムラカミ」にやってくるお客はあまりいない。
世間ではカフェブーム、なのに客足は遠のくばかり。

名マスターだった祖父の跡を継いだ菊花(緑川)は元は和食職人で、コーヒーも料理も充分に美味しいはずなのに...

どうしたら店が流行るのか分からない――
と悩んでいたある日、身奇麗だけど今にも行き倒れ寸前の男が現れた。
菊花が男に食事をさせるとすっかり元気になり、礼を言った後に、この店は近いうちつぶれると言い放った!

むかつくことこの上ないが、この加賀(諏訪部)という男、経営コンサルタント会社に勤めていたが、
近々独立するのだといからウソや脅かしではないこと明白。

素材や味はいいのに客が入らなければ意味がないと当たり前のことを言い、
自分がコンサルをすれば必ず立て直すことができると言われ、菊花は頼ることにしたが...

はぁ!? 萌え系!?
しかも軌道にのるまで住み込み!?
そして高額のコンサル代の担保に体!?

加賀のコンサルのもと、店は「和茶屋 菊花」と名前を変えた。
そこに常連の貧乏学生もとい若き茶道家の千里(日野)を巻き込んで――!

女性受けする店は連日大盛況で、ちょいちょいセクハラをしてくる加賀のこともあまり気にならなかったが、
大学時代の同期・狭山(鈴木)から加賀の話を聞き・・・


落ち着いたドタバタさで面白いお話♪


久しぶりに緑川さん聞いた~♪
周りが落ち着いたトーンのキャラなのもあって、可愛いのが一際目立つの~♪
つーか、スゴイね~
いつまで可愛くいられるんだろう? ずっとそのままいって欲しい(^^

諏訪部さんも久しぶりに聞いた~♪
低いトーンの少しうさんくさいキャラで、セクハラがよくお似合いです(褒)
そんなことをしていてもびしっとしたカッコよさが声からにじみ出る...って、
諏訪部マジック☆だと思った。

ここのところよく遭遇するたっつんが、ここではや~らか~いちょいエロなお兄さん!
あぁ...なんか安心する...
激可愛いたつは心臓に悪い(笑)
このトーンのまま攻めてくれないかな~、あぁ受けてもいいな~
あぁでも、もちっとねばっこくてもいいんだけどな~(注文うるさい)

さてとうとうキました、期待の日野さん。
多分ちいちはこっちではお初かな。
ボンらしく浮世離れしたトーンと空気が、お気に入りです♪
パン美味しい・・・ってひもじい感じも好き(^^

巻末フリートークは、緑川さんと諏訪部さんのお二人で(ちょっと淋しい)

諏訪部さんとこの事務所の方の「だんしょくぢゃや」はウケた(笑)
このジャンルの仕事を穿った目で見ているのか...?

いつものごとく諏訪部さんがうまいこと場を盛り上げるので、お疲れの緑川さんもつられて話をしてくれてます。
緑川さんの「ええ~?」とか自然な受け答えが一番色っぽいのはなんでだ!と、ワタクシ軽くキレてみました。

2009年09月07日 20:04  « 前の記事 | TOP | 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumofu.hyper-hiro.com/sys/mt-tb.cgi/689

コメント

緑川さんですが、
>いつまで可愛くいられるんだろう? ずっとそのままいって欲しい(^^
同感です!
演じているときの可愛さ、かっこよさはもちろん、ふつーに話しているときのふとした受け答えの可愛さってどこから出てくるのかしら~

しかしこの作品は意外と絡みが少なくて欲求不満になりそうでした(^^;
・・・具体的な絡みは原作には無いから付け足したらしいですね。
そりゃあこの二人の声で絡んでくれるので朝チュン(!?)ではもったいなさ過ぎるでしょうし、ねぇ・・・

投稿者 ふみまま(仕事場) : 2009年09月09日 12:17

緑川さんと素でお話したら、なんか引き寄せられて襲っちゃいそうな気がするのは気のせいでしょうか(笑)
魔性の可愛さがありますね、くわばらくわばら。

>しかしこの作品は意外と絡みが少なくて

二人の力を出し惜しみって感じでしたね。
派手な展開はないお話だったけど、二人の力で魅力がプラスされてましたよね(^^

投稿者 ちいち : 2009年09月25日 23:59

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)