« 前の記事 | TOP

2011年04月24日

ANSWER

人間、なにがきっかけで復活するかわかりませんね。
半年以上お休みしていたBLドラマ。

会社に泊まり込んでほぼ徹夜で、眠い…
これはもうジャニ曲では力は湧いてこん!って(笑)

やっぱ、ファンタジーってすごいな♪

ドラマCD ANSWER
崎谷はるひ 2003/11 サイバーフェイズ

キャスト
秦野幸生/鈴木千尋、真芝貴朗/森川智之
井川悠紀夫/千葉進歩、鎌田部長/野島昭生、江木/うすいたかやす、
会社同僚/高田べん、女性社員/安田未央、女性社員/渡辺智美、女性社員/渡邊佳子

しかし、最初から喘ぐ作品は、復帰には刺激が強い(爆)


保父見習いの秦野(鈴木)は、物腰柔らかい普通の32歳。
ある晩、街で、軽くぶつかった男がその場で崩れ落ちた。

結婚式の帰りで、どうやら酔っているもよう…
察するに、新婦を友人に取られたのでは…?

それならグチの相手になってやろう、と、一緒に飲みにでかけた。

が、気がつけば自分のマンションで、自分が酔いつぶれており、
あろうかとか強姦されそうになっていた。

なんで、俺が!?


そんなこんなで関係が始まります。

えーと。
ファンタジーではよくありがちで、お約束通りツッコんでみたいんだが、
秦野は最初からなにかを感じ取っていたみたいなんだよね。
それなら、いいか(いいのか?)

その男・真芝(森川)は、新婦に振られたのではなくて新郎に振られたことでヤケなっていて、
正直なところ秦野をどうとも思っていなかったので、マジで強姦みたいな感じだったんだけど、
だからといって秦野が真芝を拒絶しきらなかったのは、その真芝の目に、かつての大切な人を重ねていて…

で、真芝が秦野の過去を知って、茫然自失してしまう。
俺が傷つけていい人ではなかった!って。

そして真芝は、秦野から離れていこうとする…


てなわけで。

ちーちゃんのおっさんに近いキャラは、新鮮。
とはいえちーちゃんなので、けっしておっさんにはならない。
だっておっさんが言ってもときめくことのないセリフ、
「俺は誰に抱いてもらえばいいんだよ」に、ときめいたもん(^^
ときめくっつーか、気絶しそうになった(笑)

そんなことを言われちゃう真芝は秦野より5つ下なんだけど、
まあ27歳って普通に青年だよね。
でも森川さんがやるから、落ち着いた青年ですがね。


いやー、復帰で聞くには、ちょうどよかったのか、激しかったのか、
こんなに激しくやってくれるもんだったっけ!?って、久しぶりに妙な汗をかきました。
ファンタジーって、スゴイ。

さて、フリートーク。

少ないキャストなので、野島パパもいてくださいました。
もー、ひろ兄にも健児くんにも、大変お世話になっております♪(なんの挨拶?)
そんなパパ、「どうですか?」って感想を聞かれて、沈黙の間…
それはプロの役者の間と解釈すればいいですか?
それとも、ひいてらっしゃる…?(苦笑)

千葉ちゃんもいてくださいました。
邪魔するだけのキャラの千葉ちゃんは、ちょっとさみしい…
こうして代替わりしていくものなのでしょう。

ていうか、これ、2003年ものなんだ…

2011年04月24日 22:25  « 前の記事 | TOP

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumofu.hyper-hiro.com/sys/mt-tb.cgi/774

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)