« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

2009年08月24日

富士見3 さまよえるバイオリニスト

悠季受難。

BLCD 富士見二丁目交響楽団3 さまよえるバイオリニスト
秋月こお 1997/8 マガジン・マガジン/角川書店 (ルビー文庫)

キャスト
守村悠季/置鮎龍太郎、桐ノ院圭/増谷康紀、
八坂勤/矢尾一樹、五十嵐健人/石田彰、川島奈津子/勝生真沙子、尾山・ホテルフロント/中井和哉、
石田国光・おまわりさん/梅津秀行、市山和夫・不動産屋/永野宏一、菊池・貝塚隆(オーボエ)/伊崎寿克、
桐ノ院の叔父/江原正士、川島の母・おばさん/村上はるみ、女性団員・ウェートレス/加藤優子
音響監督:岩浪美和 (トークCD司会) 脚色:三ツ矢雄二

石田さんの出番増えた~♪
そして中井さんハケーン!

守村悠季(置鮎)は、早めのお盆休みをとって実家に帰っていた。
そしてお盆で近所の住人が帰省して静かになったころを狙って戻ってきてみると、
アパートが、ない。
黒焦げになった家具だったらしきものなどがあるだけで、アバートが、ない。
昨晩、火事で全焼してしまったのだという。

困った悠季だったが、手持ち現金はない、雨は降ってくる、泊めてくれる宿もない。
しかたなく交番に泊めてもらい、翌日銀行にいくと振り込まれているはずのお金が入っていない。

いつも面倒見のいい頼りになる石田さんは帰省中、
銀行員である川島さんも出かけていていない。
もうアイツしかいない、と仕方なく桐ノ院(増谷)を尋ねてみると、不在。
暑い日差しをさけて玄関前に座り込むと目眩が・・・

どんだけ不遇祭り!

桐ノ院のマンションの玄関前で倒れてしまった悠季は、ようやく帰ってきた桐ノ院に助けられ事なきを得た。
助かったものの悠季はやはり桐ノ院を警戒してしまう。

まあ、強姦された経験があるからね、致し方ない。

それを感じているのか桐ノ院は悠季に対して一線を引いてくれているが、
それでも彼の部屋にいて彼が傍にいれば、あの時のことを思い出して怖くなってしまう。

でも体が反応してしまうのは・・・?


もう認めてもいいのでは?
余計な、ちいちからの提案でした。


なんかあれね、ちょっと桐ノ院に肩入れしたくなってくるね。


桐ノ院のお陰で元気になった悠季は、戻ってきた石田さんや川島さんにもあれこれお世話になったり、
逆に団員の五十嵐くんが困っているとイヤな顔せずに手助けしたり・・・

フジミの仲の良さが温かい(^^

悠季、もっともっと桐ノ院に心許してあげて~
ということで、続きに乞うご期待。


そうそう。
中井さんが!中井さんがいたの!
若い若い(笑)


さてー、お楽しみ特典FTCDへ参る。
前回までと同様、司会の岩浪さん、増谷さんと置鮎さん、そして石田さんも加わりました!
キレイかつ可愛らしい声で、言うことズバズバでキツいキツい♪

今回は石田さんを中心に。
とりあえずホモ関係の話から・・・って岩浪さん、頭おかしい(笑)
石田さんも正直な人なので、冗談で誘われません?と同じ受けっこ・おきさんに同意を求めてみるが、
おきさんは「ううん」と引き気味に否定。
そりゃ「石田さんだから」でしょうが(笑)
さらにその可能性は否定しない石田さんに好印象(^m^

電車でチカンならぬ「丸の内線のシャロン・ストーン」話も、そりゃ「石田さんだから」でしょうが(笑)

「声優の初仕事は?」に「いたかった・・・」と返しも素晴らしいし、お酒がほとんど飲めないってのも可愛らしいし、
「あははっ」て笑うと、マジ可愛い石田さん。
岩浪さんからも「うふふって可愛い!」言われたし♪
さすがクイーン石田。

増谷さんはすっかりいじられる担当になっていて、機会があればデスラーやってとオーダーされるも、
すぐカットされる仕打ち・・・気の毒・・・

今回もファンからのお便りを読んで話を広げてくれるなどのサービスあり。

さらに今回もぶっつけ芝居をしてくれました。
作品は「渋谷系フジミ」
リレー形式で増谷さん、おきさん、石田さんの順番で演じてくださいました。
岩浪さんは遠慮無く、増谷さんに「おじさん風コギャル」ってダメだし(笑)

増谷さんって・・・(爆)

2009年08月24日 21:57  « 前の記事 | TOP | 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fumofu.hyper-hiro.com/sys/mt-tb.cgi/679

コメント

記事を読んで思い出しました(笑)
ホント、この回での悠季は不遇祭りでしたねぇ。これでもか!って。

そしてやっぱり2枚目でしょう、面白いのは。
石田さん、ふつーに話していても可愛くてキレイな印象。で、これからも増谷さんはどんどんいじられキャラになり下がって(笑)いきますよ~


投稿者 ふみまま(仕事場) : 2009年09月09日 12:23

不遇祭り具合が、当時の作品ならではだな~って、時代を感じたりもしました。

>そしてやっぱり2枚目でしょう、面白いのは。

そりゃそうですよね(制作者関係者に失礼w)
石田さんがこの頃から大人になろうとしていたっていうのを聞いて、ずきんってしました。
だからきちっとBLを卒業したんですね。
ホントこの人も素でも可愛い(^^

投稿者 ちいち : 2009年09月26日 00:16

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)